交通事故と示談金

交通事故の際に、加害者が相手に支払うお金を示談金と呼びます。示談金というのは、損害賠償金と医者賞をプラスして支払いをする全てのお金のことを指すのです。そのため、示談交渉をして示談金を支払ったら、その時点でその交通事故に関しては解決したと言えるでしょう。ただし、相手を死亡させてしまった場合には、それで終わりというわけではありません。まずは示談金をどのようにして受け取るのか、どのような注意点があるのかを見ていきましょう。

まず示談金に相場というのはありません。そのため、保険会社や加害者との交渉によって決められますが、書面などを交わさなくても口約束などで成立するという決まりになっているのです。よって安易に示談をしてはいけません。よく示談交渉してから医療費が必要になったと言って、被害者が加害者側に示談金を支払うように言ってくることもあるのですが、これは脅迫になる可能性があるのでやってはいけません。そのため、安易に示談金を受け取ってこれで終わりにせず、あらかじめもう支払ってもらうことはないか確認しましょう。

示談金として請求できる金額はいろいろあるので、まずはどのような料金が請求できるのかを知っておきましょう。間違いなく今後請求する必要がないと分かってから打ち切ることを覚えておくことが重要です。これは車を運転する前に知っておくべきことでしょう。それから受け取り方などを勉強しておきます。当サイトでは示談金を受け取るまでの簡単な流れを記載しているので、参考にしてみてください。